筋トレとウォーキングの組み合わせでウエストとお腹周りのサイズダウン

私が3年間通っているのが、30分フィットネスカーブスです。カーブスはマシンと有酸素運動で、筋トレをします。カーブスのマシンは運動が苦手な人でも使えるような、リハビリ感覚のマシンです。なので通っている人も年齢が高めで、60代の方が多いです。カーブスの有酸素運動は、マシンとマシンの間で数分ステップを踏むだけです。最初は少し体重に変化があったのですが、その後ずっと体重もサイズも変わらなくて、続けようかどうか迷っていました。

そんなときにコーチから、毎日通っている人も週に3回通っている人も結果はあまり変わらないということがアンケート結果で出たということでした。筋肉は増えている人が多く、体力がついたりストレスも解消になっている人が多いです。以前ダンベルの先生が書いた本で、筋トレは筋肉を休ます日を作ったほうがいいと言っているのを思い出しました。

私が実践したのは、カーブスとウォーキングを交互にやる方法です。カーブスは週に2回から3回ウォーキングも週に2回から3回で筋肉痛がある日は、何も運動をしません。歩くのはゆっくりで、体に負担がないようにします。2か月くらい続けた結果、ウエストとお腹周りのサイズが、ダウンしました。体脂肪も減ってきて、筋肉量が増えました。

運動の後は、必ずたんぱく質を取るようにしています。プロティンは、飲んでいません。便利なのが砂糖ぬきのヨーグルトで、運動から帰って食べるととても美味しく感じます。たんぱく質は傷ついた筋肉を、修復してくれると言われます。カーブスでは無理な糖質制限は、すすめていません。食事を減らすというより、たんぱく質をしっかりとってくださいと指導しています。食事と筋トレ・ウォーキングで私は、体型がすっきりしました。